HOME>その他注意事項

アクリル鳥かご鑑賞ケース
取り扱い注意事項

ハッピーケースコンテンツ
HOME
鳥かご用アクリルケース
愛鳥写真館
アクリルキャリー
止まり木・プレイジム
 保温(寒さ・暑さ対策)
 防音対策
ケース直接飼育 
 
その他のケース
アクリル製作について
アクリルケースのお手入れ
その他注意事項
お問い合わせ
ショップ紹介
ご注文方法
リンク集


アクリルケースについてのご注意


 ■放鳥時のご注意
 『放鳥時、ケースが透明なので、小鳥が中のケージに 向かって飛んで、アクリルケースの表面にぶつかってしまう事があります。
  ご心配な際は放鳥時、アクリルケースになんらかの
 カバーを掛けてお使い頂く事をお奨め致します』  シールなどを貼るのもよさそう。

■安全にお使いいただく為に■
 1、小さいお子様が扉に指を挟んだり、ころんで角で怪我をしたりされないよう、ご注意下さい。(角面は触って怪我をしない程度削っております)  

・観音扉のストッパー例→P66

2、直射日光や、ストーブ、ヒーター等の近くで使用厳禁!
  変形したり、熱がこもったりする場合があります。

3、ケースの中でヒーターをお使いの際は、できるだけ、アクリル板から離して下さい。アクリル板は、ガラスと違い、可燃性です。

4、アルコール、シンナー等、有機溶剤使用、厳禁!!
   ヒビ、破損原因

■暑さ対策■
★暑い時期は、ケース内の温度管理をお願いします。
エアコン無しでケースを締め切ったままですと 高温になることが予想されます。エアコン、ふたを外すなどで、対応してください。

★ペットボトルを凍らせて温度を下げる方法
エアコンを使わず、節電になる。
・鳥かごの上に結露受けを敷き、載せる。
・側面に置く。できれば少し高い位置に置く。
 (設置台もオプションで製作)

・ペットボトル仕様→p236p275p251

★冷え持続時間、逆に冷えすぎなど、効果のほどは、自己責任にてお願いします。
結構効果があるとの声を聞いています。


■バードジムのご注意
・水洗いは不可能。カビや腐れて破損の原因。
・止まり木の糞対策は、乾いて擦り取るなど。

 
 
home
愛鳥写真館トップへ
鳥かごケースへ
お問い合わせはこちら
直接
   お問合せ
TEL:090-8664-3826
FAX:092-511-5150

直接