HOME>愛鳥写真館p495

ハッピーケース 愛鳥写真館、
 

ハッピーケースコンテンツ
HOME
愛鳥写真館
p495・神奈川県
ぐうすけ君
 アクリル鳥かごケース
ケース直接飼育 
アクリルキャリー
止まり木・バードジム
 
ケース直接飼育  
保温(寒さ・暑さ対策)
  防音対策 
 
アクリル製作について
アクリルケースのお手入れ
その他注意事項
お問い合わせ
ショップ紹介
ご注文方法
2020/12 防音・防塵 アクリルケース 
 
 p495 神奈川県、ぐうすけくん 

★ ウロコインコ ★




★観音開き
サイズ:W615×D615×H730
ケージ:W435×D500×H560
W面に空気清浄機様を置く
キャスター付き(ストッパー無し)
天井に吸音材

蓋穴:2
通気穴:両側面2個ずつ
・小窓:左側面
扉板帯:中央、下







 小窓 
”大きな扉を開けなくても、鳥さんと触れ合える”

 ★ケース扉を開ければ
手前に開くケージの扉も開きます。

  【 お便り 】 
 〜略〜
アクリルケースは、幅91.5×奥行き60cmのメタルラックの下に入れ込むように作っていただきました。

ラック、ケースともに、キャスター付きなので、スムーズに引き出せて、掃除が楽です。ケースは とても丁寧に作られていることが、素人の私にもわかります。扉の開閉もスムーズです。

アクリルケースには、ウロコインコが入っています。
もともと、 うちにはウロコインコとシモフリインコが 一羽ずついましたが、シモフリを新たにお迎えするに当たって、先住の二羽をメタルラックで上下に住まわせることにしました。

下になるウロコが最も掃除が大変で、鳴く頻度も高いこと、ラックの下部は上部より2℃ほど寒いことから、アクリルケースに入れることにしました。


ウロコインコが鳴き始めると、他も鳴き始めて合唱になってしまい、かなりうるさかったのですが、ウロコをケースに入れてから 合唱が減ったような気がします。
また、普段は扉の片方を開けてますが、鳴き始めたときに扉を閉めると鳴き止む気がします。

天井に吸音材があるので、斜め上から光が当たるように LED照明を置いています。今まで使用してたUVライトは使えなくなったので、どうしようか思案中です。

愛鳥写真館のヨウムさんを参考にして、小さな空気清浄機をケース内に入れるつもりでしたが、オゾンが体重70gのインコに及ぼす影響が不明確なので、まだ設置してません
 小型の空気清浄機はオゾン発生の商品が多いのですが、空気よりも重いオゾンがケース下方に集まると、ケース上方にある換気孔からは抜けないですから。     そういうわけで、ケージの両側のスペースが広いので、掃除がしやすくて、これはこれで良かったです。

横田様には細かいところまで何度も相談に乗っていただき、その上、年末に間に合うようにとの我儘も叶えてくださり、本当に感謝しております。梱包もとても頑丈で、ついでに西日本の新聞も読めました。ありがとうございました。



 
【ハッピーケース記】
〜略〜
 ケースに小窓を付けるのは、たまにあります。ケースに入れると、ケースを開けないと、直接の触れ合いはできないですね。

こうして、小さな窓を、いつもいそうな処に作ると、
小窓を開けるだけで、頭を撫でるなどできます(*^_^*)

梱包の破損防止に、大量の新聞紙を詰めていて、ダンボールと共に、お片付けにお手間をとらせて、大変恐縮しています。
  「西日本新聞を読めて〜〜」のくだりは、とてもほっとします・・・

   皆さま・・本当にお片付けありがとうございます!!

★ ★

★2020/12
神奈川県、Waさま
ぐうすけくん(ウロコ)

有難うございました
home

愛鳥写真館へ
直接

お問い合わせ
TEL:090-8664-3826
FAX:092-511-5150